セックス

【女が解説】スローピストンでのセックスは格別!女性を本気でとろけさせるテクニック

投稿日:

こんにちは、ユイです。

スローピストンという言葉を聞いたことがありませんか?

セックスをする時には、激しいピストンよりもスローピストンの方が、女性は感じてしまうものなんです。

スローピストンとは?

スローピストンとは、文字通りペニスをゆっくり出し入れする方法です。

ゆっくりと出し入れをされることによって、女性の身体をじわじわと追い詰めていくことが可能になります。

ゆっくり!といっても、具体的にはどれくらいのスピードなのかが理解しにくいでしょう。

個人差もありますが、おおよその目安としては1回のピストンに3秒ほどかけるのが良いとされています。

挿入直後だけ!とか、最後だけ!とかではなく、挿入直後から最後までのピストンをゆっくりと行うことになるんです。

セックスで1回のピストンに3秒ほどの時間をかけて女性を刺激する行為が、スローピストンとなります。

とにかく気持ち良い

スローピストンとは、とにかく気持ち良いセックスになります。

女性はスローピストンをされることによって、より濃密にペニスを感じるようになるからです。

女性の膣は、挿入されたペニスの形に変形をするといわれています。

膣のヒダ1つ1つがペニスを感じることで、女性は感じる濃密さが増していくようになるんです。

また、ゆっくりと刺激をされることで膣内が敏感になってしまいます。

激しく刺激をされるだけでは、そこまで敏感にはならないもの!なんです。

敏感になっている膣内をゆっくりと刺激されるんですから、女性の身体は勝手に高まっていってしまいます。

スローピストンとは、女性がこれまで感じたことがないほどの快楽を与える方法になるんです。

愛情と温もり重視のセックス

スローピストンとは、愛情と温もり重視のセックスになります。

ゆっくりと時間をかけて女性を高めていくのは、愛情があるからこそ!できる行為でしょう。

ただ性欲を処理したいだけのセックスであれば、速いピストンでペニスへの刺激を求めてしまうものです。

男性の中には「女性が気持ち良くなっていなくても関係ない・自分がイケればそれで良い!」と考える人もいるでしょう。

そういう考えの人は、相手の女性への愛情を持ち合わせていないからなんです。

相手の女性に愛情をもっている場合には「女性を気持ち良くさせたい・とろけさせたい」と考えるでしょう。

女性への愛情を伝えるために、ゆっくりと時間をかけて愛撫などの行為をするはずです。

愛情があれば、女性が自分の愛撫で感じてくれていることに対して悦びを覚えるからでしょう。

スローピストンは、男性が愛情を伝えるのに最も向いている方法になります。

なぜなら女性は、たっぷりと時間をかけて愛されることで、男性からの愛情を確認することができるから!

この感覚は、男性では理解が難しいかもしれませんが…女性というのは、そういう行為をされることで、男性から愛されている!と実感するものなんです。

また、セックス自体に時間をかけることで、必然的に相手の温もりを感じる時間も長くなります。

スローピストンとは、相手の女性に自分の愛情と温もりを伝えるのに向いている方法になるんです。

スローピストンのやり方

スローピストンはゆっくりと出し入れする行為であると触れました。

しかし、ただゆっくりとピストンをするだけでいいのではありません。

スローピストンをする場合のやり方について紹介していきます。

挿入直後は動かない

スローピストンをする場合には、挿入直後に動いてはいけません。

女性の膣がペニスの形にフィットする時間を与えるためです。

膣という場所は、挿入されたペニスの形に合わせて変形をするといわれています。

最低でも10秒程度の時間は、そのままじっと動かずにいてください。

時間を与えることで、膣がペニスにぴったりと密着をします。

女性は膣壁がペニスにくっついていた方が、感じるものなんです。

また、男性側もペニスに密着をされた方が気持ち良く感じれるでしょう。

自分がピストンをする度に、女性のヒダがくっついてくるんですから…。

スローピストンをする場合には、挿入直後から動かずに、膣がぴったりと密着をする時間を与えてください。

浅いピストンと深いピストンを交互に

スローピストンをする場合には、浅いピストンと深いピストンを交互にします。

ずっと同じ場所ばかりへのピストンでは、女性を追い詰めることが難しいからです。

違う場所への刺激を交互に与えることで、身体が刺激を期待するようになります。

例えば浅いピストンであれば、深い場所へのピストンを期待してしまうんです。

次に深い場所へのピストンを与えてあげれば、欲しかった刺激を受けて、身体が喜んでしまいます。

このように、女性をじわじわと追い詰めてあげることが、より深い快楽を与えてあげることに繋がるんです。

スローピストンをする場合には、浅いピストンと深いピストンを交互にするようにします。

女性が感じる場所を重点的に

スローピストンをする場合には、女性が感じる場所を重点的に刺激してあげます。

浅いピストンと深いピストンを交互にしていれば、女性が1番良い反応をする場所を見つけることが可能です。

見つけた場所を重点的に細かくピストンをすることで、女性は感度がどんどん上がっていきます。

ピストンの種類を変えながら、良い場所を刺激するのをプラスするだけ!

たったこれだけでも、女性の感度は上がりきってしまうでしょう。

感度が上がれば、少しの刺激でも充分に達してしまうようになります。

スローピストンをする場合には、女性が感じる場所を重点的に刺激してください。

引くときに締める

スローピストンをする場合には、引くときに締めるようにします。

締めることによって、性器同士が一層密にこすれて、大きな快楽を与えてくれるんです。

締める行為は、女性側にしかできません。

ですので、女性にお願いをしてください。

スローピストンの経験がある女性であれば、自然と身体が反応をしてくれるでしょう。

経験がない女性でも、何度かスローピストンをされている内に、自分が快楽を求めて勝手に締めてくれることもあります。

膣を自分で締めるということ自体を知らない女性はあまりいないと思いますが…。

もし、女性が締めるということを知らない場合には、引くときに下腹部に力を入れて!と伝えてみてください。

女性が下腹部に力を入れれば、自然と膣が締まるでしょう。

スローピストンをする場合には、引くときに締めるようにしてください。

スローピストンの注意点

スローピストンをする場合、少しだけ注意をして欲しいことがあります。
これらのことに注意をすることで、より一層スローピストンを楽しむことができるんです。

時間に余裕を

スローピストンをする場合には、時間に余裕をもって挑んでください。

何度も触れていますが、スローピストンでのセックスには、時間がかかってしまいます。

予定などを入れていると時間が気になってしまい、どうしても性急なピストンをしてしまうでしょう。そのようなセックスでは、スローピストンとは言えません。

セックスにかける時間などは、かなりの個人差がありますが、スローピストンをする場合には、何分単位ではできないんです。

何時間単位でのセックスになってしまうでしょう。

予定を入れるにしても、かなりの余裕を確保したうえでスローピストンをしなくてはいけません。

スローピストンでセックスをする場合には、時間に余裕を持たせる必要があります。

女性を挿入前にイかせる

スローピストンをする場合には、女性を挿入前にイかせてあげてください。

挿入前に1度でもイっていると、身体中の感度が高まっているんです。

あたりまえですが、膣内の感度も上がっています。

感度が上がっている!ということは、膣内が敏感な状態です。

その状態でスローピストンによって刺激を与えると、女性は逃げ場のない快楽に身体が支配されていきます。

スローピストンをする場合には、挿入前に女性をイかせる必要があるんです。

中折れしても抜かない

スローピストンをする場合には、中折れしても抜いてはいけません。

抜いてしまうと、再び勃起をさせる必要が出てくるからになります。

ペニスというのは、勃起時をキープし続けるのが難しいものです。

速いピストンでのセックスでは、強い刺激が常にありますので中折れをしにくいでしょう。

しかしスローピストンでは、じわじわとした刺激になるんです。

スローピストンでのセックスで男性が中折れをしてしまうのは、よくあること!
落ち込む必要などはありません。

では、中折れをしても抜かないでどうするのか?と疑問に思われるでしょう。

対応策としては、女性に協力をしてもらうことです。

中折れをしそうになったら、膣を締めてもらう・濃厚なキスをする・乳首などへの刺激を与えてもらうなど…。

常に興奮している状態をキープすれば、中折れをしてしまっても回復してくるでしょう。

スローピストンをする場合には、中折れをしても抜かずに膣内で回復をさせる必要があります。

室内環境を整える

スローピストンをする場合には、室内環境を整える必要があります。

セックスをしている時間が長くなりますので、室温の調整は必要でしょう。

例えば夏場の場合には、あまりにも室温を低く設定していると、身体が冷えてきたりしてしまいます。

反対に冬場の場合には、暖房を効かせすぎてのぼせてしまうこともあるでしょう。

長時間のセックスをしていても快適に過ごせる室内環境が必要になるんです。

スローピストンをする場合には、室内の温度調整などの室内環境に注意が必要になります。

スローピストンまとめ

スローピストンとは、言葉どおりの意味でゆっくりと出し入れをする方法になります。

挿入してから時間をおくことで、女性の膣がペニスにぴったりとくっつき、一層深い快楽を与えてくれるんです。

スローピストンをすれば、女性をじわじわと追い詰めることが可能になり、それまでに感じたことがないほどの快楽を与えることになります。

また、女性はスローピストンをされることで、男性からの愛情と温もりを長い時間味わうことができるんです。

スローピストンでのセックスを1度でも体験すると、速いピストンでの快楽では物足りなさを感じてしまうかもしれません。

女性を本気でとろけさせたいのであれば、スローピストンでのセックスをしてみてください

-セックス

Copyright© KEISUKE , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.